WX06とW06どっちの機種を契約するのがベストなのか?

WiMAXの機種比較

持ち運びができるモバイルタイプのルーターは現在2機種販売されています。Speed Wi-Fi NEXT WX06とSpeed Wi-Fi NEXT W06の2機種です。

この2機種で迷う方も多いでしょう。そこでこのページではWX06とW06のどちらを選ぶのがいいかを説明していきます。

WX06の新機能を解説

まずはNECプラットフォームズ製のSpeed Wi-Fi NEXT WX06の新機能を解説します。細かなスペックはW06と比較しながら説明していこうと思います。

2.4GHzと5GHzの同時接続可能

これまで発売されてきた機種ではWifi接続するときに2.4GHzで接続するか5GHzで接続するのかどちらかを選ばないといけませんでした。

WX06は同時接続が可能になったのでどちらも好きな方の周波数帯で接続することができます。

2.4GHzと5Ghzを同時接続するには「Wi-Fi周波数設定」で2.4G/5G同時を選択してください。

バンドステアリング機能でWi-Fi周波数を自動切換え

次に紹介したいのが、バンドステアリング機能。この機能はWi-Fiの周波数帯を自動で最適な周波数に切り替えてくれる機能です。

先ほど紹介した同時接続機能と併用することで2.4GHzと5Ghzを自動で切り替えてくれます。ルーターからの距離や周りの電波状況でより快適に利用できる周波数を選んでくれます。

この機能があることで、これまでのWi-Fi接続よりもより安定して利用することができるようになります。

Wi-Fi QRコードスキャン機能

携帯端末を利用している場合にはQRコードを読み取るだけでWiFi接続ができるようになります。

もちろんこの機能を利用しないでも端末でSSIDとパスワードを確認できるので手入力でWi-Fi接続することもできます。

データ通信量を3日・1か月両方表示

これまでの機種ではホーム画面に表示できるデータ通信量は「直近3日間のデータ通信量」もしくは「1か月(今月分)のデータ通信量」のどちらかしか表示できませんでした。

ハイスピードモードだけで通信をするなら3日10㎇を気にしないといけないですし、ハイスピードプラスエリアモードも利用するなら月の通信量も気になります。

ホーム画面に両方の数値を表示してくれるので3日10GB制限にもハイスピードモードの月7GB制限もどちらも確認できます。

クレードルもより進化

有線接続するなら必須アイテムのクレードル。WX06ように新しく発売されています。有線接続をするならクレードルが必要なのですが、それ以外にも電波状況が改善されたり、WiFi通信が安定したり、充電もできるとなかなかの優れものです。

別売りになってしまうので、契約時にクレードルセットプランを申し込むのがいいでしょう。

WX06とW06のスペックを比べる

WX06とW06の外観や仕様などのスペックを比較します。

最初に書いておきたいのが、WX06はNECプラットフォームズが製造、W06はファーウェイが製造している商品です。

製品名 WX06 W06
画像    
製造元 NECプラットフォームズ ファーウェイ
ネットワーク WiMAX2+,au4GLTE WiMAX2+,au4GLTE
サイズ 111×62×13.3 128×64×11.9
重さ 127g 125g
バッテリー 3200mAh 3000mAh
連続通信時間(ノーマルモード) 11.5時間 9時間
連続通信時間(ハイパワーモード) 8.3時間 7.1時間
連続通信時間(エコモード) 14時間 11.6時間
下り最大速度 440Mbps 1.2Mbps
上り最大速度 70Mbps 75Mbps
同時接続台数 16台 16台

基本スペックはほとんど一緒です。違いはというと

  • バッテリーの持ち時間
  • 通信速度

この2つが違います。通信速度はあくまでも理論値です。実際に使ってみるとわかりますが20Mbpsから50Mbpsが一番多いのではないかと思います。この2機種を同じ場所で利用しても通信速度が変わることはないようです。

実測値などの比較はこちらのサイトが参考になります。

WX06とW06はどっちを選ぶか!実測値での通信速度比較からメリット・デメリットまで検証してみた

ですから基本的にはバッテリーが長持ちするWX06を選んでおくといいでしょう。もし、少しでも速度が出る機種を利用したいのであればW06でもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました